創業大正元年 増富商店
詳しくはこちら
増富商店について お買い物ガイド お買い物かご
増富商店のしらすに関するFAQ
 
ここではお客様からよく頂く当店へのご質問を記載いたしております。

当店で何かご不明に思った時にご参考にしていただければ幸いです。
その他ご不明な点がございましたら、 こちらから お気軽にお問い合わせ下さいませ。



■どれぐらい、日保ちしますか?
 

商品到着より5日間で食べてください。5日でしらすが腐るという事は、ありませんが
お客様の保存状態により大きく変わりますので、常温での状態を極力避けて下さい。

 

 

■保存方法は?
 
タッパやサランラップなどに一食分づつ小分けして、チルド室で保管して下さい。
釜揚げしらすの最も最適な保存温度は、0℃です。

 

 

■しらすって何の子供?
 

しらすは、いわしの稚魚で大きくなると鰯になります。代表的なものあげると三種類に分類されます。

 

真いわし(平子いわし)
一番ホピュラーな鰯で、魚屋さんやスーパーで見かけると思いますが、背中に星の様な点々が目印です。
大きくなると鮮魚で扱われ、焼き物や煮付け、フライ、天ぷら、料理の方法もさまざまで昔からよく食卓に並ぶ代表的な鰯です。
しかし、近年漁獲量の減少で食卓に並ぶ機会が少なくなった様に思います。
大衆魚から高級魚になってしまったのかもしれません。
真いわしの稚魚を釜揚げしらすにすると、柔らかいフワフワした食感ですこし黒っぽい釜揚げしらすになります。
春に捕れる事が多く春しらす(新物)と呼んでいます。
うるめいわし
この鰯の稚魚を釜揚げしらすにすると、ベチャベチャした黄色っぽい釜揚げしらすになります。
うるめいわしは、釜揚げするのには、不向きで商品価値があまりありません。
和歌山の田辺では、少し天日で干して『おかずなご』というジャコに仕上げます。
しかし大きくなったうるめいわしは、丸干や一夜干にすると鰯の中でも一番高級な干物になります。特に9センチ〜12センチ位のうるめいわしをパリパリになるまで干して丸干にすると最高級のうるめ丸干になります。 特に関西方面で重宝されます。
片口いわし
この鰯こそ釜揚げしらすの王様です。秋の少し肌寒くなってきた頃水揚げされ、真っ白で身がしきしまりプリプリです。
年々この時期(9月〜12月)の漁獲量が減って品薄になり贈答として利用されるお客様が多く、12月になると入手困難になります。
春しらすもおいしいのですが、一番おいしい時期はこの秋に捕れる秋しらすです。
『極上釜揚げしらす』もこの時期のものが多く、秋しらすの中でもサイズ、色、鮮度の最高のものを『極上』として販売しています。
私も年間を通じて数回しか『極上』といえるしらすに巡りあう事がありませんが、水揚げされればメールでご紹介したいと思います。

 

 

■生のしらすは無いのですか?
 
地元では、酢味噌とあえてご飯と一緒に食べたりするのですが、生のしらすは痛みやすく、捕れたその日に食べてしまわなければいけないので流通させる事ができません。
工場に来ていただいて、その日水揚げがあり、運がよければお分けすることは可能です。

 

 

■しらすの、良し悪しの見かたは?
 

まず魚の種類を見極めて下さい。真いわしの稚魚(頭がまるく背中に点々があります)うるめいわしの稚魚(頭の先がとがっています)片口いわしの稚魚(上あごがでています)片口いわし、真いわし、うるめいわしの順番で商品的な良し悪しが決まります。

そしてしらすの形です。
鮮度の良いしらすほど釜に入れた瞬間に縮みます。
しらすが「し」の字を書いた様な形のものであれば鮮度は、抜群です。
「一」の字を書いた様なしらすは、鮮度が悪い証拠です。
このしらすの縮みが重要です。
視覚的に色も大事かと思いますが黒くても鮮度が良ければおいしいと思います。

最後にサイズ。
これは個人の好みの問題で、小さいのが好みの方もいれば大きいのが好みの方もおられます。 最近では、小さい1cm〜1.5cm位の大きさが好みの方が多く、私は大きすぎず小さすぎずの1.5cm〜2cmのものが好みです。

しらすは、毎日サイズや色、稚魚の種類が変わりますので、サイズや種類、色を選んで頂く事はできませんが、和歌山の海の贈り物としてご了承願えたらと思います。

 

 

■しらすは何時捕れるの?
 

和歌山県田辺市では、年中しらす漁はしているのですが、一月、二月、三月中旬まではかなり少なくご注文頂いても少しお待たせする事が多いです。

 

 

■新鮮なしらすは、いつもあるのですか?
 

増富商店では、お客様にしらすを最高の状態で召し上がって頂くために冷凍して発送するのではなく、冷蔵でお届けしています。
天候不良や不漁の時などは、発送できずご迷惑をおかけいたしますが、
冷凍していないしらす」にこだわり続けているためご了承下さい。

 

 

■しらすの保存方法は?
 
できるだけ冷蔵庫に小分けしてあまり出し入れしない様にして下さい。
チルド室での保存がおすすめです。

 


■色の白いしらすは漂白剤などの薬品を使ってるって本当ですか?

 

薬品など使っておりません。
白いしらすは、本来のしらすの色で薬品を使ったからといって白くできるものではありません。増富商店では、甘味のある岩塩を使用しております。
黒いものは、黒い!白いものは、白い!これが自然からの贈り物ではないでしょうか・・・・

 

 

■ネット販売以外でどこかで売っていますか?
 
「冷凍していない釜揚げしらす」は、ネット販売と和歌山県田辺市の工場のみで販売しております。 全て自社加工なので安心してお召し上がり下さい。

 

 

■お歳暮に使いたいのですが、ギフト用の包装やメッセージをつけることができますか?
 
熨斗や名入れも対応できますのでお申し付け下さい。

 

 

■FAXで注文をしたいのですが可能ですか?またFAX注文書のようなものはありますか?
 
FAX注文用紙もございますのでお申し付け下さい。

 

 

 

 

〒646-0037 和歌山県田辺市磯間20-11
TEL 0739-22-0572(工場)
FAX 0739-25-4840
E-mail info@masutomi.jp

Copyright Masutomi Shoten All Rights Reserved .